平野歩夢の出身や身長は?ソチでの金メダルの可能性は?中学や高校に生年月日!画像・動画あり

 

ソチオリンピックのスノーボードハーフパイプ代表の平野歩夢が話題です。

平野歩夢について情報が少なかったので、

平野歩夢について、身長・年齢・出身・血液型が知りたい!画像や動画が見たい!

ソチでの金メダルの可能性は?

 

こんな疑問に答えていきたいと思います。

 

 

平野歩夢のプロフィール

平野歩夢 メダル ソチ

名前:平野歩夢

読み方:ひらのあゆむ

生年月日:1998年11月29日

年齢:15歳(2014年現在)

出身:新潟県

身長:160cm

血液型:O型

所属:バートン

学歴:村上第一中学校

家族構成:祖父母、父、母、兄、弟

 

スポンサーリンク


 

スノーボードを始めるきっかけ

 

平野歩夢 メダル ソチ

平野歩夢がスノーボードに出会ったのは、4歳の時お兄さんの平野秀樹の影響で始めました。

当時はお兄さんに全く及びませんでしたが、その後メキメキと上達し、9歳の時にはジュニアの大会で表彰台に登るほどの実力をつけていたのです

 

その後国内のジュニア大会では向かうところ敵なしで、2011年のBURTON US OPEN

にて早くも海外デビューを果たします

 

結果は惜しくも2位ながら、優勝はあのショーンホワイト

 

ショーンホワイトといえば、オリンピック2連覇中の怪物です。

 

その時の滑りが評価され、世界ではショーンホワイトを超える逸材として、注目を集めました。

2012-2013シーズンはフロントサイドダブルコーク1080を習得し、初戦のBURTON HIGH FIVES 2012でいきなり優勝を獲得しました。

今年1月に開催されたWINTER X GAMES 2013では2位に食い込み、史上最年少メダリストとして一気にメディアの視線を浴びるライダーとなりました。

2013年2月のBURTON US OPENでもショーン・ホワイトに次ぐ2位を獲得し、ワールドスノーボードツアー・ハーフパイプ年間ランキングにて、ショーンを押さえ史上最年少でツアーチャンピオンに輝きました。

世界のトップライダーが出場するコンテストにおいて表彰台に上り、その功績が認められ、今年8月にナショナルチームのメンバーに抜擢されると、わずか3週間後に行われた2013年のワールドカップ初戦では初出場にして初優勝という快挙を成し遂げました。

 

14歳8ヶ月でのワールドカップ優勝は全種目通じての最年少記録なんだそうです

 

 

平野歩夢の金メダルの可能性は?

平野歩夢 メダル ソチ 結論から言えば十分あると思います。正直スノーボードの勢力図を見ても、平野歩夢と怪物ショーンホワイトの一騎打ちになりそうなので、アクシデントがない限りは、銀メダルはいけるのではないでしょうか?

ですがせっかくですから、ここはショーンホワイトを倒して、日本人史上最年少の金メダリストにもなってほしいと期待も込めて、平野歩夢が金メダルを会得する可能性は『70%』とさせていただきます。

 

さてあと半月ほどで始まるソチオリンピックですが、過去と比較しても、今回の選手団は史上最強と言ってもいいくらいの、高レベルなので、日本人のメダルラッシュ期待してもいいんじゃないでしょうか。

頑張れ!平野歩夢!!

最後に怪物ショーンホワイトも認めた平野歩夢の実力をどうぞ^^

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す


3 − = 一

サブコンテンツ

おすすめ記事

スポンサーリンク

このページの先頭へ